1/13~31 西牧徹個展「ダマスカスパウダー香路」 開催の御案内


youju当店をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、画家として知られる西牧徹様の個展を開催させていただく運びとなりました。

西牧徹さんはその独創性の高い鉛筆画で知られます。ご自身の画風を「黒戯画」と名づけ、モノクロームの色彩からはみ出るかのような世界観・地平線を長きに渡り描いていらっしゃいます。2001年から数多くの個展も開催されており、先日には黒戯画集成『ロカイユの花粉』アトリエサード様/書苑新社様から出版され、さらに先月には日本橋・みうらじろうギャラリー様にてその出版を記念した「ロカイユの花粉出版記念展」を開催されたばかりという、八面六臂のご活躍をされていらっしゃいます。

その作品の素晴らしさは、とても一言では申し上げられません。

ヘンリー・ダーガーのごとき濃密に凝縮された強固な世界観を、自由に、軽やかに泳いでいるかのような、はたまたダーティー・松本の描くがごとく脳内の根本的・源泉的・偏狭的欲求をあるがままに受け入れて写真に収めたかのような……いやいや、やはり言葉では表せません。観れば観るほど、その世界観をまさに「黒戯画」としか形容せざるを得なくなるほどの力強さで、あふれています。

西牧さんの作品を、今当店にて展示させて頂けること。まさしく光栄の極みです。
ぜひ、西牧さんの作品が持つ「黒き力」を、ダマスカス鋼の粉末であるダマスカスパウダーがもつ「黒」、そして当店の「黒」と重ね併せながら、ご堪能下さいませ。

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

 

1/13~31 西牧徹個展「ダマスカスパウダー香路」

会期

2015年1月13日~31日

営業時間

月曜日~水曜日 19時~26時
木曜日~土曜日 19時~29時

  • 18日日曜日は定休日ですが、営業を予定しております(追って御案内致します)。
  • 25日日曜日はイベント開催のため休廊となります。
  • また、17日、30日は営業時間内におきまして店内イベントを開催予定です(展示は通常時と同様行いますが、料金が変更となります。こちらも追って御案内いたします)。
  • 31日はささやかではございますが、クロージングパーティを開催させていただきます。お誘いわせの上ぜひお越しくださいませ。

料金

チャージ1,000円+ドリンク代となります。

 

西牧徹

1964年東京生まれ。少年・少女と玩具・食物などをモチーフに鉛筆画を制作。2003年に自らの作品を「黒戯画」と名づける。この「黒戯画」は“艶画”と“福画”に大別され、性幻想に基づくもの、キエムクーとその仲間たちの日常と冒険を描いたもので、ユートピア絵画という点で同一線上の世界となっている。

公式サイト:西牧徹・黒戯画世界

 


12/26~1/9 『凍蝶圖鑑』東京上映記念特別展示 『bang or crunch』


1107012014年。一つの映画が大阪で上映されました。映画の名前は『凍蝶圖鑑』。田中幸夫監督による、大阪などを舞台に様々な「妖(あやかし)の人たち」が壮絶な生き様を見せるドキュメンタリーです。

私にとって、この映画が東京で見ることができるのを待ちわびていました。
お世話になった方や友人が何人も出演しているから……だけではありません。
私も、「妖」の一人だからです。

私は、アンダーグラウンドと名のつく世界で20年に渡り活動してきました。その一分一秒が一度たりとも無駄になったことはなく、私のこの身体に全て染み付いています。この世界に居場所を見つけられて本当に良かったと、今でも心より感謝しています。

ところが、そんな充実した人生に、私はこともあろうに一つのささやかなピリオドを打ちました。
それもつい先日のことです。

私は2014年11月をもって、それまでアンダーグラウンドでの通り名であった「alice」を使うのをやめると宣言しました。恐らく、この文章が日の目を見るときには、私は新たに本名で活動をしていることでしょう。

理由はシンプルでした。
私にとってのアンダーグラウンドが、オーバーグラウンドに出てきたから。しかも、それが自分の本望だったからです。
アンダーグラウンドで活動していく中で、自分の住む世界が世間に認められるようになったらどんなに良いだろうか、と夢を見続け、そのために出来得る限りのことをしてきました。それが自分の信じる道だと思ってきました。
今年になってようやく、私の中で納得できるだけの結果を残すことができました。そうなれば、もう通り名を使う必要はない、自らの生来の名前をもって改めて立ち続けるべきだ。……そう考えるのが必然だったのです。
でも、そう考えたときに、もう一つの側面に気づき……愕然としました。
それは、アンダーグラウンドの世界の幾ばくかを手放すことと同義であること。
さらに、それは私にとって、自らのアイデンティティを維持し、さらなる上へと成長するため、絶対に乗り越えなければならない『壁』であった、ということ。
そしてそれが、私にとって、とても、とても、悲しい、寂しい、侘しい、なんとも言えない感情を伴って出現したこと、でした。

そして、このタイミングで。
『凍蝶圖鑑』が、東京へやってきます。

これが運命でないのだとしたら何なのでしょう。さらに、理由は違えども同じようなタイミングで『何らかのピリオドを打とうとしている』心境になっている、アンダーグラウンドにおける知人が何人もいます。その知人たちはそれぞれの分野において第一線で活躍されている方達ばかりです。
これは一体何なのだろう、そう考えた時、私はようやく思い出しました。
私はその時、すっかり忘れていたのです。

私が。
『妖』だったということを。

多分、この時に訪れた想いに対する答えが『凍蝶圖鑑』の中にあるのだろう。私はそう本気で思っています。
そして、この映画に対し、万感の思いを持ってお力添え、お手伝いができること、大変光栄に存じます。
私にとって、いやそれだけではなく、このCROWにとって、今回の展示は一つの大きな到達点です。そんなにまで素敵な展示を、前日まで催させていただいた上で、映画上映の初日を迎えられるこの幸福……。感無量、の他に、言葉が思い浮かびません。

私たちは『妖』です。
妖には、妖の始まりと終わりがあります。人が生まれ、死んでいくのと同じように、その時間は妖にとって一番大事なものです。
私は、『妖』が狂おしく咲き誇り、散っていく様を、宇宙の始まりである『ビッグ・バン(BANG)』と、宇宙の終わりの可能性の一つ、とされている『ビッグ・クランチ(CRUNCH)』に例えました。
この映画を見た方にとって、『凍蝶圖鑑』が『何かの始まり』になるかとしれないし、『何かの終わり』を知ることになるかもしれません。どちらになるのかは私にもわからないけれど、少なくとも、このことだけは言えます。

『妖』にとって、
『妖』であることは、
宇宙よりも、
尊く、
儚く、
果てしないのです。

(店長)

『凍蝶圖鑑』東京上映記念特別展示 『bang or crunch』

出展者(順不同・敬称略)

小妻容子

S.オニクボ
_underline
ai kotoni

キャンディ・ミルキィ(予定)

※キャンディ・ミルキィ様の作品展示につきましては追って改めて御案内致します。

日程

2014年12月26日(金)〜 2015年1月9日(金)
(12月28日は営業。2015年1月1日〜3日まで年始休業)

料金

チャージ1,000円+ドリンク代となります(500円~)。
※なお、会期終了後に映画上映半券によるご優待を予定しております。また「とある場所」にてチャージ割引の告知が行われておりますので、ぜひお探しになってみてくださいませ。

時間

月〜水 19時〜27時
金〜土 19時〜29時

※12/28. 12/30. 1/4は 18時〜23時となります。
※12/31は 19時〜30時となります。

 

トークイベント「『bang』と『crunch』を結ぶ人」

日程

2014年12月30日・2015年1月4日

出演

志摩紫光 / 大黒堂ミロ
各自20時頃よりトーク開始
料金: チャージ2000円。加えて1ドリンク以上のドリンク注文をお願いします(500円から)。

12/30、及び1/4のトークイベントでは事前にお席のご予約を電子メール・お電話にて承ります。 askinfo@cafecrow.net / 03-3497-9119(月曜日から土曜日まで、午後7時から12時の間) まで、お名前、ご連絡先お電話番号、席数をお知らせくださいませ。なお、定員に達し次第締め切らせていただきます。最新情報はTwitterにてお知らせいたしますので、ぜひフォロー、リストアップの上ご覧ください。

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

映画『Itecho』最新情報FaceBookページ →

https://www.facebook.com/movie.itecho?fref=pb

映画「itecho」公式サイト

http://itecho.jp/


12/11~12/24 ABILITY STUDIO × CROW 「DISCIPLINE → ROPE」


2014-12-11 19.39.35当店をご愛顧いただきありがとうございます。この度、東京・巣鴨にあります「アビリティスタジオ」様ご協力頂き、「 ABILITY STUDIO × CROW 「DISCIPLINE → ROPE」」を開催させていただく運びとなりました。ご協力頂きました神浦匠様を始め、作品をご提供頂きました皆様にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

今回の作品は、先日アビリティスタジオ様にて開催されました「拘束している写真展」に参加されました作品の一部をお預かりし、展示させていただくものです。

時が止まり、静かに動を征す時

新たな秒針が静かに動き出す。

同展示にて使われた言葉です。写真とはその一瞬一瞬を映し出す鏡でありながら、その鏡が映しだすもの以上の力を持つことがあります。今回年末から年明けにかけて続いていく展示(詳細はまもなく発表致します)へと時間をつなげることのできる展示をさせて頂くこと機会を頂き、大変光栄に存じます。作品一つ一つが持つ力を、ぜひゆったりとしながらお楽しみ下さいませ。

ABILITY STUDIO × CROW 「DISCIPLINE → ROPE」

日程:12月11日~24日(日曜日と祝日(23日)は休廊となります)

時間:通常営業時間内(月~水 19時~26時 木~土 19時~29時)

料金:通常通りです(チャージ1,000円+ドリンク代)

作品をご提供頂いた皆様(順不同・敬称略)

DAVID TORO
ROPE
レミコ
タケチャン
典子
赤城槇

神浦匠(Ability Studio)

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

FaceBookページ

https://www.facebook.com/events/1528419117433385/


12/6午後 南条ジュン一人芝居『きになるキ』 第1回「ZOO」


nanjo南条ジュン一人芝居『きになるキ』

会期:12月6日 14時会場 14時30分開演
(今後、毎月第一月曜日開催となります)

出演:南条ジュン

前売料金:2,500円(1ドリンク込み)

当日料金:3,000円(1ドリンク込み)

イベントは事前にお席のご予約が必要です。電子メール・お電話にて承ります。 askinfo@cafecrow.net / 03-3497-9119(月曜日から土曜日まで、午後7時から12時の間) まで、お名前、ご連絡先お電話番号、席数をお知らせくださいませ。なお、定員に達し次第締め切らせていただきます。最新情報はTwitterにてお知らせいたしますので、ぜひフォロー、リストアップの上ご覧くださいませ。
また、お席をご予約頂いたお客様には前売り料金を適用致します。お支払いは当日のご精算とさせて頂きます。

六本木CROWにて毎月第一土曜日14時オープン
舞台俳優として活動中の南条ジュンが、毎回世の中の気になるモノやヒトを濃く深く妄想する一人舞台。気になるキーワードを発掘していく、『きになるキ』!!
南条ジュンの妄想ワールド炸裂の舞台は必見!!
あなたを虜にしてみます。

12月6日のきになるキーワードは
『ZOO』

動物って一体なんなんだ!?
動物の気持ちになってみよう!

ご予約はこちら!

askinfo@cafecrow.net
03-3497-9119(月曜日から土曜日まで、午後7時から12時の間)

!cid_18FF98E1-7BDD-4B67-B7A3-7313BFB4862A南条ジュン

1988年6月9日 兵庫県出身

幼少の頃から抱えるトラウマ多数
大学時代より、そのトラウマを題材にした脚本演出を手がける。
上京後は虚飾集団廻天百眼の舞台に俳優として活躍。その他にもモデル イラストなどにも活動の枠を広げている。


11/25~12/9 酒井孝彦新作展「性(SAGA)」開催の御案内


10743234_901624983182535_917885727_n当店をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

この度、酒井孝彦様の新作展示「性(SAGA)」を開催させて頂く運びとなりました。8月の展示に続きまして、酒井様の新作を当店にて展示頂きます。

前回同様、今回も会期中に2つのイベントを開催させていただきます。神田つばき様とのトーク・ショー、そしてケロッピー前田様とのライブパフォーマンスととなります。内容などにつきましては追って御案内いたしますので、ぜひご期待ください。

今回の新作展示にあたりまして、酒井様からのコンセプトメッセージを頂戴しております。

たとえ苦しくても辛くても、女は何故「それ」を求めるのか。それは「血」なのか。「情念」なのか。そしてそれは女にしかわからない「性(サガ)」なのかも知れない。歪んだ顔の裏には忘れられない染み付いた「快楽」があるのかも知れない・・・

事前に公開されるものはこのメッセージ、そして上にありますキービジュアルだけです。

会期が始まるまで、どうぞ皆様ご自身でイマジネーションをふくらませて頂ければ幸いに存じます……。

 

酒井孝彦新作展「性(SAGA)」

会期:11月25日~12月9日(30日は「ゾンビバー」のため休廊)

料金:イベント時を除き、通常料金・通常営業時間

イベント

12月6日 トークイベント 神田つばき × 酒井孝彦

会期:12月6日(土曜日)※20時開始予定

料金:イベントチャージとして2000円頂戴致します。

ゲスト 神田つばき

10733437_855454981151983_630269803_n1959年東京生まれ。獨協大学外国学部フランス語学科卒業。1998年、離婚を機にマニア雑誌でAVライターとして活動を開始。2006年、AVメーカー設立。 現在は女性発信のイベント、映像作品をプロモートする。『OTOJYO』相談室、『東京女子エロ画祭』、『どすけべ―おんな監督の作品をみんなで見る会』をオーガナイズ。「子宮癌で命を落とさない日本、更年期障害のない日本、生理痛のない日本、病気以外の理由による妊娠中絶のない日本、男と女が大切にしあう日本をめざす」。2012年には、NPO法人「女性の健康とメノポーズ協会 女性の健康推進員」に認定されている。 近著(初の単行本)は「私の妄想、かなえてください…。」(三和出版)

公式サイト:神田つばきな日々【R18】
http://blog.livedoor.jp/tsubakism/

12月7日 ケロッピー前田 × 酒井孝彦 ライブセッション

会期:12月7日(日曜日)※15時頃より開場、19時30分頃よりライブ開始予定です。

料金:イベントチャージとして2000円頂戴致します。

ゲスト ケロッピー前田

身体改造ジャーナリスト、世界のアンダーグラウンドシーンの生き証人。

公式サイト
http://keroppymaeda.com/

 

1014192_650333288311707_53200463_n酒井孝彦

芸術家、写真家、音楽家、プロデューサー、大学教員(東京工芸大学 芸術学部 写真学科准教授 コマーシャル研究室)、日本広告写真家協会、総合人間学会、サロン・ブラン美術協会(国際公募展・委員)、現代美術家協会(会員)、日本写真芸術学会に所属。 個展、展覧会多数。2013年、第17回日仏国際美術展にて名誉総裁賞(森元総理大臣)を受賞するなど、受賞歴多数。

 

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

FaceBookページ

https://www.facebook.com/events/326709094201585/ 


リンク:CROW公式

twitter

FaceBook