Nocturne -SOLITUDE コルセット新作展示即売会- 開催のご案内


image当店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

この度、4月8日よりレザーコルセットをメインに製作しているブランド「SOLITUDE」による新作展示即売会「Nocturne」を開催いたします。

満を持して生み出された新しく美しいシルエットのレザーコルセットやアクセサリー達に魅せられてください。

身体を包み込むその美しいシルエット…… それは、SOLITUDEのコルセットの秘密の魔法です。

Nocturne -SOLITUDE コルセット新作展示即売会-

会期:4月8日~21日(通常営業内)

入場料など:通常営業と同じです。

※会期内、日曜日は休業となります。作者在廊情報などにつきましては、追って当店の公式Twitterなどでお知らせいたします。

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。


千之ナイフ個展「美少女フェティッシュ展」会期延長のご案内


Attachment-1当店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
先日開催いたしました「スペシャル座談会」にはたくさんのお客様にお越しいただきました。改めまして厚く御礼申し上げます。

この度皆様から多大なご好評をいただきまして、千之ナイフ様とお話させていただいた結果、会期を延長することになりました。また、併せまして一部スケジュールに変更がございます。皆様、お誘い併せの上ぜひお越しくださいませ。お待ちしております。

千之ナイフ個展「美少女フェティッシュ展」

会期:
2013年3月12日~4月7日(日曜日)

24日まででしたが、4月7日(日曜日)まで延長いたします。また、期間中日曜日の営業につきましては、別途CROWのTwitterにてご案内いたします。

併せまして以下の点が変更となります。

  • 会期中月曜日に在廊いただきました「猫井るとと」様の在廊期間がそのまま延長となりました。毎週月曜日、猫井様に在廊いただく予定です。
  • 今回の変更に伴いまして、以下の展示につきまして日程が変更となります。
    • 「清水真理 人形作家20周年記念展示アンコール」 → 4月23日~5月2日 
  • 現在店内で販売しております以下の商品販売期間も併せて延長となります。
    • 「清水真理・玉村のどか豆本(数量限定:1,500円)」
    • 「RadioStarオリジナルグッズ(各種)」
    • 「千之ナイフ単行本(各種)」

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

 


3月24日 スペシャル座談会「美少女とフェティシズムのあいだに」


当店をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

現在展示させていただいております「千之ナイフ個展 美少女フェティッシュ展」、その最終日に開催を予定しておりますスペシャル座談会の詳細をご案内いたします。

80-90年代の日本、それも漫画の分野において新たなる体系が誕生します。その名は「美少女マンガ」。現在「男性向け創作」に該当するこの分野において、80-90年代の日本はまさに「黎明」とも言うべき状況の中様々な才能が開花し、たくさんの作家が世に出ました。その中で「美少女マンガ/フェティシズム」をテーマに確かな軌跡を残した漫画家の皆さんにお集まり頂けることになりました。
このような機会はまさしく「レア」。日本におけるインディーズコミックシーンの生き証人達が、ゆるりとした雰囲気の中で当時の息吹を語り合います。ぜひご参加下さいませ。お待ちしております!

 

スペシャル座談会「美少女とフェティシズムのあいだに」

会期 2013年3月24日(日曜日)

営業時間 午後3時~9時(予定)

座談会開始時間 午後7時頃(予定・当日の状況により時間は前後致します)

料金 通常料金(チャージ1,000円+ドリンク代)

参加者

ゲスト:ダーティ・松本Wikipedia記事

熊本県熊本市出身。1975年頃から辰巳出版の「漫画ダイナマイト」で本格的に成人向け漫画家としての活動を始める。1977年、久保書店から初の単行本『肉の奴隷人形』刊行。
1980年には「JUNE」増刊として作品集『美少女たちの宴』を出版、その短編集をもとに映画『セックスハンター 性狩人』(監督・池田敏春)が製作された。1990年代前半には松本美蝶名義でレディースコミックでも執筆。また、1994年(平成6年)以降、コミックマーケットに参加するなど同人誌活動も行なっている。

公式サイト:ダーティ・マーケット

ゲスト:海野やよいWikipedia記事

茨城県出身、東京都在住。女性。主にSM成人向け漫画を執筆しており、同分野の作家としてはベテランといえる。 ペンネームを付けず本名で描いている。男性誌だけでなく、『タブー』(三和出版の月刊誌、2009年1月号で休刊)など、レディースコミック誌にも寄稿し、且つ、人気を博している数少ない作家である。同じく成人向け漫画家のしのざき嶺と交友があり、同人誌(サークル名:みりん)を発行している。

公式ブログ:ザンゲの値打ちもない

座談会には、個展出展者であります千之ナイフさん、また千之ナイフさんのパートナーでありますイラストレーターの猫井るととさんにもご臨席頂きます。お楽しみに。

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。


千之ナイフ個展「美少女フェティッシュ展」開催の御案内


Attachment-1日頃より当店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

この度、漫画家として活躍されております「千之ナイフ」さんの個展を開催することとなりました。
皆様、どうぞお誘い合わせの上ぜひお越しくださいませ。お待ちしております。

千之ナイフ個展「美少女フェティッシュ展」

会期:3月12日~24日 営業時間内
(17日、20日、24日の開催時間につきましては公式Twitterにてお知らせいたします)
入場料(チャージ):1,000円

24日(日曜日)には、ささやかではありますがイベントを企画しております。決定次第ご案内いたしますので、どうぞご期待ください。

千之ナイフ

松本零士・牧美也子、両氏のアシスタントを得て1981年、山本和都(やまもとかずと)名義にてレモン・ピープル(久保書店)創刊号「雪姫」でデビュー。1982年 ヤング・チャンピオン(秋田書店)創刊号「百面相サーカス」でペンネームを千之ナイフに改める。
千之ナイフの名は、ナチスドイツの悪名高い事件「千のナイフの夜」に由来する。ナイフに見えたことから、人々のあいだでこの名が語られるようになったという。
「千のナイフの夜」は劇の題材として、もしくはアルバムのタイトル(坂本龍一・千のナイフ)として、さまざまな分野にその華美かつ残酷なイメージを提供している。
学生時代、千之ナイフ自身がこのアルバム(千のナイフ)が気に入っていたこともあり同人誌のペンネームに使用していた。
デビュー以来、青年誌・成人誌・少年誌・少女誌・ホラー誌等、様々な舞台で創作上の
一貫したテーマでもある「怪しく妖しい世界」を発表しつづけている。

公式サイト:こちら

※現在展示しております「アトリエ果樹園教室展アンコール」「清水真理人形作家20周年記念展・プレ」は、会期を延長させて頂きます。現在の展示は9日までとなりますので、ぜひお越しくださいませ。


怪談バー第九夜「怪奇バレンタインの夜」の御案内


592280_346566848792463_1821662830_n◎2013年の怪談バー、始動いたします!怪奇文学朗読プラスαの大人のイベント、今年もまったりと時にアバンギャルドに皆様と日曜の夜を過ごしたいと思います。
さて今回は、ちょいと遅めのバレンタイン。チェリー始め、怪談バーの面々が、普段とはガラリと違った装いにて皆様をお迎えいたします。ご予約特典でご贔屓様には感謝を込めて「チョコレート」付き!初めましての方にも勿論ご用意いたします!☆Facebookイベント欄に参加表明だけでもご予約完了です。

”お楽しみはいつも遅れてやってくる!”

今回朗読でとりあげますのは昭和の文豪「S・E」氏の作品。
さて、どなたかは来てのお楽しみ。

好評!オリジナルカクテル「鴉」あります。

DJ フレディ・ダミノジド
*************************************
時間:Open&Start16:30~Close21:00(予定)
朗読開始 18:30〜(予定)
☆お客様状況により時間前サプライズ朗読?あり
★おめかしコスプレ大歓迎。朗読終了後は皆様と楽しく交流いたしましょう。
チャージ¥1500 (当日再入場OK)
バー営業ですのでお飲み物別途ご注文になります。


リンク:CROW公式

twitter

FaceBook